ハゼ釣り 釣り

【ハゼ釣り 初心者】わりと簡単に釣れるハゼ釣り食べても美味しいハゼ釣り。ハゼ釣りの仕掛けと釣れる時間。

投稿日:

ハゼ釣り

初夏から秋口まで釣れて楽しい食べて美味しいはぜ釣りが出来ます。海水が混ざる汽水域の河口付近でハゼはつれます。荒川なら戸田付近までハゼを釣って確認してます。隅田川の上流の新河岸川なら赤羽付近でもハゼを釣って楽しむことが出来ます。

ハゼ釣りの仕掛け

安い投げ竿に安いリールをつけて餌をつけた仕掛けを投げて待つだけです。釣り初心者やハゼ釣り始めての方にはこの説明ではさっぱり分からないと思います。私も始めての時には何を言っているのか分かりませんでした。

で、投げ竿とリールです。

釣具屋さんで投げ竿とリールがセットになっているハゼ釣りセットなる安いセットを買ってきます。投げ竿の長さは1.8mも有れば十分です。

で、仕掛けです。

ハゼ釣り仕掛け

ちょい投げ仕掛けの2本針が初心者の方には扱いやすいと思います。ちょい投げ仕掛けは色々あります。針が3本付いてたり、ビーズが付いてたり、針が赤かったり・・・大きさもいろいろです。

ハゼ釣り初心者の方や初めての方は、針の大きさ6号で針が2本で後は好みで良いと思います。なるべくカラフルで賑やかなものを選ぶといいですよ。ハゼは好奇心が強く目で良いのでカラフルで賑やかな仕掛けがつりやすいです。

ハゼ釣りの仕掛け

で、天秤です。

リールの糸が投げ竿の先から出てきてオモリと仕掛けをつなぐものです。上の写真の透明なパイプが天秤で緑や鉛色のナス見たいのがオモリです。透明なパイプの中を糸が通っていて仕掛けとつながっています。

天秤の役割は投げた時に川の中で糸と仕掛けが絡まらないようにすることと、オモリで川の底で流されないようにするためです。

ハゼ釣り仕掛け

ハゼがつれる時間

ハゼは目で見て餌を食べます。だから暗い時間より明るい時間が良くつれます。夜は寝ているので、朝はハゼもお腹が空いていて朝ごはんのタイミングが良くつれます。

日が出てきて、まだ眠いな~なんて寝床でもぞもぞとやっているとお腹が空いてきて目も覚めてきます。明るくなったらさすがに朝ごはんです。朝焼けのうっすら明るくなる時間よりチョっと遅いぐらいのしっかり明るくなった頃がつれやすいです。

潮も関係してくる

ハゼは海の潮が影響する汽水域にいます。海の満ち引きが川の水にも影響して川の水位が高くなったり低くなったりします。ハゼは水位が低い状態から高い状態になる時間帯が良くつれます。上げ潮ってヤツです。

上げ潮の始まりが朝の6時ぐらいに重なるとつれやすいですよ。ま、なかなかそんな日は少ないですけど。時間と潮なら時間優先です。明るい時間帯で潮が上がっているとハゼ釣りタイムです。

つり方

餌の付いた仕掛けを川に投げ入れてハゼがつれるのを待ちます。ハゼが釣れていると投げ竿の先がクイックイと動きますのでリールを巻いてみてください。ハゼがつれていると思います。

キャリーカート

 

駐車場からコンロやテントを運ぶのに便利です。

人気の投稿とページ

-ハゼ釣り, 釣り
-,

Copyright© ラクに楽しく簡単に , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.