【ミニロースター コンパクトバーナー】手長エビ釣りのついでに、炭を使わないお手軽プチバーべユー!楽しく美味しく過ごしましょう。

2018年6月14日バーベキュー,便利なバーベキュー道具,便利な道具,釣り

5月から7月は手長エビの季節ですよ!

手長エビ

テトラポットやごろた石の間に、エビ針に赤虫を付けて垂らして置くと、手の長い食べると美味しい手長エビが釣れます。
ウチでは手長エビ釣りのついでにプチバーベキューをします。
ミニロースターとジュニアコンパクトバーナーで炭を使わないで、お気楽バーベキューです!

お気楽バーベキュー

ミニロースターの直径が15cmなので牛タンが2枚でこんな感じです。
ノンビリバーベキューを楽しみましょう。
イワタニのジュニアコンパクトバーナーはお肉の油でベットベトになります。
キッチンペーパーで片づけの時に良く拭きます。

プチバーベキュー

牛カルビを2枚を無理やり追加で焼いて行きます。
ユニフレームのミニロースターは良く考えられていて、炎に当たる部分はメッシュになっていて、炎を赤外線に変えます。そして焼き網には直接炎が当たらないで、赤外線でお肉を焼くようになっています。だから、まるで炭火で焼いたように美味しく焼けます。

ファイヤー

脂の多い豚バラを焼くと、写真の様にファイヤー!に成ります。
テーブルには脂が垂れています。最後にキッチンペーパーで拭くのでOKです。家に付いたらしっかり洗うのでOK!です!

二人ならノンビリ楽々プチバーベキューを楽しめます。ユニフレームのミニロースターとイワタニのジュニアコンパクトバーナーのセット!手軽についでにバーベキューにオススメです。
お皿、お肉、割りばし、テーブル、イスなんかも忘れないように。あくまでも手長エビ釣りがメインです。夕食のおかずになるか、つまみになるか。

手長エビ

美味しい手長エビの素揚げです。
手長エビは釣ったその場からブクブクで泥抜きします。
家にかえってきたら、水道水で軽く洗って、芋焼酎で〆ます。
水分をキッチンペーパーで取ったら油で素揚げです。

ウチでは手長エビを素揚げにするのに油を使うので、手長エビを釣ったその晩の夕食は天ぷらに決定です。
芋、しそ、舞茸の天ぷらに手長エビの素揚げです!
美味しいのなんのって!最高ですよ!
手長エビつりのついでにプチバーベキューで一日楽しく、美味しく過ごせます。

ジュニアコンパクトバーナーは外で火が使えるのでお湯を沸かしてコーヒを飲んだり、カップラーメンを食べたり、クッカーでパスタを作って食べたり、本当に便利です。

初心者の方にもオススメ出来ます。