【シルキー風呂 銭湯】清瀬駅近くにある喜多の湯に焚き火の帰りに入ってきました。炭酸泉とシルキー風呂がある素敵な銭湯でした。

2018年12月13日銭湯&温泉

清瀬駅近くにある銭湯 喜多の湯

清瀬金山緑地公園で焚き火を楽しんだ帰りに、清瀬駅の近くにある銭湯に寄ってきました。銭湯の名前は喜多の湯です。焚き火をやっているときはぬくぬくですが、焚き火が終わって、片付けてると体が冷えてきます。片付けが終わっていよいよ帰る時になると本格的に冷えてきます。そんな時は帰りに銭湯に寄って温まります。

アクセス

西武池袋線で清瀬駅まで行きます。
北口に出てスターバックスの前を真っ直ぐ行きます。
右にある西友を通り過ぎて右にコンビニのある交差点を左に曲がります。
少し行くと左側に銭湯 喜多の湯があります。
清瀬駅北口から徒歩5分かからない場所です。

銭湯 喜多の湯

喜多の湯 

面白いことに土曜日に男湯と女湯の入れ替えがあるそうで、これから紹介するお風呂にタイミング次第で入ることが出来ます。

カウンター式の受付の前にはケロリングッズがあります。購入することが出来ますので帰りに買って帰ると良いですよ。レア物が見つかるかもです。

ケロリングッズ

シルキー風呂

私らが行った時には女湯にシルキー風呂がありました。
ハニーにシルキー風呂の感想を聞いてみると「とっても良かった!近所にあれば毎日でも入りたい!」「小さい気泡でお風呂が真っ白で温度も丁度良く、気持ち良かった!」とのことで、次回は男湯がシルキー風呂のタイミングで行きたいと思います。

炭酸泉

男湯には炭酸泉がありました。
温度はぬるく、ゆったりのんびり入っていられます。
炭酸の気泡が体にまとわりついて、血行が良くなりそうな感じです。じっくりと入っているとじんわりと汗が出てきて、ぽかぽかに温まります。

水風呂

コチラの銭湯 喜多の湯さんのお風呂の水は井戸水です。しかもその井戸水を軟水処理をしているのでとってもやわらかいお湯になってます。
で、水風呂です。
水風呂は井戸水かけ流しで、ひえっひえです。
炭酸泉で良く温まってから水風呂に入ると気持ちよく、体が締まります。程よく冷やしてから再び炭酸泉に入ります。
サウナと違った心地よさがあり、さらにぬくぬっくに温まります。

タオルのレンタルもあります

喜多の湯さんはさらに、タオルのレンタルもバスタオルのレンタルもあります。
もちろん販売もしてますので、タオル石鹸を購入してお風呂を楽しむのもありです。

入浴セットの販売

私はタオルは持ってきてたので、ミニ石鹸だけを購入しました。
ハニーはタオル、バスタオル、石鹸、シャンプーを持ってきてたので、何も購入せずに入りました。
最近の都内の銭湯で見る、洗い場にボディーソープやシャンプーは有りませんので、必ず石鹸の類は購入するか持って行きましょう。浴槽に入る前に体を良く洗うのは銭湯のマナーです。

電車移動でバーベキューや焚き火やキャンプに行くと帰りの楽しみが色々あります。駅の周りの喫茶店に入ってみたり、今回のように銭湯に入ってみたり。
電車移動ならではの寄り道を楽しんでみて下さい。

created by Rinker
ハインツコーポレーション(Hynts)

(マイ桶を持って銭湯に行くとより一層 銭湯を楽しめますよ)