【キャンプ 寝る】コット(キャンプ用簡易ベット)はキャンプで快適にねることが出来る道具の一つです。コットで寝てキャンプを快適にしましょう。

便利なキャンプ道具

キャンプでの睡眠はとっても大切です。朝早くから家を出て、現地に着いたらテントを立てて、食事に遊びで夜にはヘトヘトです。夜はコットでぐっすり眠りましょう。

電車でキャンプで寝るとき

電車でキャンプのコット(キャンプ用簡易ベット)

コットにも色々あります。重さ、大きさ、対加重、収納時のコンパクトさ等々。
私らは電車移動でキャンプに行くので、収納時のコンパクトさと重さを重視しています。
組み立てた時に広く快適でも、持ち運ぶ時に重く大きいとNGです。
また、持ち運ぶ時にコンパクトで軽くても、組立時に狭くて体重を支えられないとやっぱりNGです。

コット組み立て後

体に合ったコット

私は183の90でハニーは小柄です。
それぞれに合ったコットを選ぶと、後運びの大きさも重さも最小限になります。
そして、それぞれが快適に眠ることが出来ます。

私の使用しているコットは上の写真の左側の足の黒いコットです。
OUTADキャンプベッドのXLサイズです。
耐荷重量が200kgで組立サイズが200cm×66cmです。
重さは約1.5kgです。

ハニーのしようしているコットは右側の足の緑のコットです。
BRS折りたたみ式ベッドです。
耐荷重量が200kgで組立サイズが180cm×58cmです。
重さは約1.3kgです。

使ってみて

私の使っている OUTADキャンプベッドのXLサイズは寝返りも打てて快適です。
ホネも丈夫で十数回使用していますが、曲がったり、ゆがんだりもしていません。
このタイプのコットは組立に多少の力とコツが必要ですが、電車でキャンプの荷物の重さを考えるとトレードオフで満足しています。

ハニーの使っている BRS折りたたみ式ベッド は2回目の組立の時にホネが曲がったりゆがんだりしているのに気が付きました。ハニーの寝相は良く、朝まで真っ直ぐ気お付けの状態です。なので寝返りで加重がかかってるとは思いません。

しかし、ホネが曲がった状態でも組立が出来、使用に問題が無いので、ホネが曲がった状態で使っています。

コットの良いところ

軽く干す

コットを使用する前までは銀マットやマットの上に直接寝袋で寝てました。
地面の凹凸が直接背中に伝わり変な感じでした。地面が土や芝生ならまだ良い方ですが、河原で地面が石や小石でデコボコしてるとなかなか寝れず、寝ても疲れが取れませんでした。

寝るときにコットを使用すると、当たり前ですが、地面のデコボコは気になりません。てゆうか伝わりません。地面から10cm程離れてコットの面があるので当然です。

しかも夏はコットの下に風が通るので涼しいです。また冬は地面の冷気が伝わってこないので、その分寒くないです。
ま、寒い時期のキャンプではコットの上にキャンプマットを敷いて寝袋でねるんですけどね。コットがあるとだいぶ違います。

↓最近の良いヤツは組立がラクで簡単ですね。