【若洲海浜公園キャンプ場 予約】電車とバスで行ける都内の格安キャンプ場の若洲海浜公園キャンプ場に電話で予約をしました。

若洲海浜公園キャンプ場, 電車で行けるキャンプ場

電車とバスで行ける電車でキャンプには嬉しいキャンプ場。若洲海浜公園キャンプ場に予約を入れました。

若洲海浜公園キャンプ場

予約方法

若洲海浜公園キャンプ場は電話予約のみです。キャンプに行きたい日の3ヶ月前の1日から電話予約が出来ます。

5月5日にキャンプ予定なら2月1日から電話予約が出来ます。(正確には第一営業日です。1月は4日からです。火曜日が休みなので1日が火曜日だと2日からになります。)

空いてるか確認します。

まず、空いてるか確認します。ま、ハイシーズンに予約入れる場合には確認より先に電話してしまうのが吉ですけどね。
また、天気予報を確認して雨や雨の後の日なんかだとキャンセルが出て、当日の空き狙いで当日電話予約で取れたりするらしいですよ。

電話で伝えること

予約日、人数、テントの大きさ・種類・個数、タープの種類・大きさ・個数、交通手段。等聞かれるので伝えて下さい。

ゴミは持ち帰りで、公共機関を使ってくると帰りのバスがゴミ袋を嫌がるので透明のゴミ袋ではなく色付きの袋が良いですよと教えてくれます。
ウチの場合ですとゴミはクーラーボックスに入れて持ち帰るので問題なさそうです。

キャンセル料は取らないので必ず連絡下さい。とのことです。嬉しいですね。キャンセルの時には早めに連絡しましょう。当日予約の人がいるかもしれませんしね。

帰りの撤収時間は朝10時です。ゆっくりしたい方は予約の時点でその旨を伝えるとプラス300円で夜9時までキャンプ場が使えます。
大人一泊600円でのんびり夜9時まで代300円の合計900円。大人二人で1800円です。格安キャンプ場ですね。

最後に予約番号を言われるのでメモして下さい。キャンプ当日の手続に必要です。

若洲海浜公園キャンプ場の良い所

マキ、炭が現地で買える

若洲海浜公園キャンプ場にはアウトドアセンターなる売店がありそこで色々買えます。

当然マキや炭も売っているので持って行く必要がありません。電車でキャンプには嬉しいことです。そしてゴミは持ち帰りですが、使用後のマキ炭は炭捨て場があるので置いていくことが出来ます。コレも電車でキャンプにはとっても嬉しいです。

釣りの餌が買える

今回の若洲海浜公園キャンプ場でのキャンプの目的は釣りです。キャンプをすれば帰る時間を気にしないで釣りが出来ます。朝早くから夜遅くまで釣りが出来ます。しかも移動時間がゼロです。なんたってキャンプ場でテントですから。

で、釣り餌です。釣り餌が現地で買えます。コレもアウトドアセンターで購入できます。しかも餌だけでなく仕掛けも購入できます。そして釣竿のレンタルまであります。

コインシャワーがある

温泉があれば最高ですけどさすがに無いです。けどコインシャワーがあります。汗や潮を流してさっぱり出来るのはとっても嬉しいことです。

ナンなら手ぶらでキャンプが出来る

キャンプ道具一式テントから寝袋イステーブル、バーベキューセットから食材までレンタルできます。予約をすれば手ぶらでキャンプ&バーベキューです。もちろん単品でのレンタルも出来ます。

電車でキャンプだともって行くのがイヤになるダッチオーブンやスキレットをレンタルすると料理が豪華に楽しめるかもしれません。

今から楽しみです

若洲海浜公園キャンプ場を利用するのは初めてです。釣り施設を利用したこはあるのですが、キャンプは初めてです。
電車でキャンプで釣りしてのんびりして焚き火して寝て起きたらまた釣りをしてのんびりして電車で帰る。イヤー楽しみです。大物が釣れたらど~しよう!