【荒川 テナガエビ】2020年3回目のテナガエビ釣りに行ってきました。ぽつぽつと釣れてそこそこ楽しかったです。

手長エビ釣り,釣り

今年はなかなか例年通りと行かず、テナガエビ釣りはぽつぽつとまったりな感じです。

テナガエビ釣り

釣りはじめの水面の位置

大潮の干潮のタイミングでテナガエビ釣りスタートです。

テナガエビは潮が上がって来ると合わせて移動してきます。大体水面から40cm前後の場所にいる感じがします。浅くても釣れない。深くても釣れない。そんな感じです。

テトラポットと違ってゴロタ石場でのテナガエビ釣りは足元に気を付けないと怪我をします。足元の石が動いてずれたり、滑ったりして危険です。

エサは赤虫です。

釣具屋で赤虫を買ってきまして、緑のエサケースに入れます。買ってきたときは新聞紙にくるまってることがほとんどです。新聞紙のままだと取りずらいですし、風で飛ばされると赤虫も飛ばされて悲惨なことになります。

エサケースに入れ替えてフタを締めとくと風で飛ばされても赤虫がバラバラになりません。また、赤虫が取りやすくなります。そして指先についた赤虫の汁を新聞紙で拭くことが出来ます。ちょっとしたことですが大変便利です。

お昼ご飯です

近所のスーパーで買ってきた家飲みセットです。これとコンビニで買ったおにぎりで昼ご飯です。おにぎりを食べる前に家飲みセットを頂きます。

手前の赤いチビ水筒はパール金属のカフェマグ アイスストッパー300です。これ便利です。氷が口に当たらないように工夫されてます。

まさにアイスストッパーが付いています。今回は氷だけを入れて持ってきました。

中身はコンビニで買ったワンカップを現地で入れます。いい感じに冷えて薄まってやばいです。飲み終わっても氷が残っているので今度はコーヒーを入れます。やっぱり冷えていい感じです。やばいです。

最後の方でマグを思いっきり傾けて飲んでも氷が唇や歯に当たることが無いので不快な思いをしないで楽します。おすすめです。

テナガエビを釣ったら泥抜きです。

ニューバッカン(バケツ)とブクブク(エアポンプ)です。前回のテナガエビ釣りの時に穴が開いてるのに気が付きました。で、釣具屋で購入しました。

買い換えたバケツに付いていたブクブクは音が静かです。うれしいです。本当に動いているか何回も確認してしましました。

で、泥抜きです。ウチでは釣ったら川の奇麗な水に入れてブクブクで生かしときます。水が汚れてきたらまた川の奇麗な水と入れ替えます。

現地で釣りながら泥抜きをしてしまします。

満潮です。

川の水がここまで上がってきました。テナガエビも手前で釣れます。

来た時には水がなかった場所で、テナガエビが釣れるので変な感じです。テナガエビも川の水と同じに岸によってきます。大体水深40cmぐらいのところで釣れます。

素揚げで美味しく頂きます。

家に帰ったら、テナガエビをザルに移して簡単に洗います。この時水道水で洗うと死んでしますので、浄水かミネラルウォーターで洗ってください。

軽く洗ったら、焼酎で〆ます。ウチでは芋焼酎を使います。においも飛んで美味しくなります。

水分をよく取ってから素揚げです。

塩を振って美味しく頂きます。

せっかくですので、てんぷらです。紅しょうがの天ぷらがすんげー美味しいのでぜひやって見て下さい。