【ハゼ釣り カキしゃぶ】寒い時期のハゼ釣りはカキしゃぶしゃぶで温まりながらゆっくりアタリを待ちましょう。

2018年11月16日ハゼ釣り,アウトドア,釣り

カキしゃぶしゃぶ

秋から冬の落ちハゼ釣りはじっと待つ釣りになります。
そんな落ちハゼ釣りにはお外でしゃぶしゃぶです。
特にカキしゃぶしゃぶは温まり、とっても美味しいですよ!

今回ものんびりセットを持っていきました。

ハゼ釣りとカキしゃぶしゃぶ

お外でしゃぶしゃぶの道具

お外でしゃぶしゃぶするには、火と鍋と具が必要です。
火はイワタニのコンパクトバーナーが便利です。
カセットボンベで使用するので、アウトドア初心者の方にもオススメできます。

鍋はクッカーを使用します。今回使用したクッカーはユニフレームのごはんクッカーです。ユニフレームのごはんクッカーはご飯を炊く時に大変便利ですので、これまた初心者の方にオススメできます。

カキしゃぶしゃぶの具

カキしゃぶしゃぶの具は生食可能なカキを持って行きましょう!
しゃぶしゃぶですので完全には火を通しません。温かくなたカキをポン酢で頂くので生食可能なもので具材をそろえます。

ボイルホタテ。コチラも生食可能なものでお願いします。
わかめ。これ、結構イケます!歯ごたえを食べるものです!今回初めてシャブシャブにしてみたんですけど、クセになる美味しさです!

これらを適当にシャブシャブしてポン酢で頂ます。ワンカップをクイっといきます。
最高です!

ダシも持って行きましょう。

昆布を持って行きましょう。昆布とワンカップ少量でダシをとります。味が全然違ってきます。昆布、ワンカップ少量、水を入れたクッカーをイワタニコンパクトバーナーで沸騰させます。

沸騰させたら火を弱くして、シャブシャブ開始です。具材は生食が可能なものでそろえていますので、温まったらポン酢につけて美味しくいただきます。

昆布でダシとり

ハゼも釣れる。

ハゼ釣りをしながらですから、当然ハゼも釣れます。
寒い時期のハゼ釣りは、ポンポンとは釣れません。けど、釣れたらサイズが大きくなってます。
竿に仕掛けとエサをセットしてポーンと適当に投げ込んで、ハゼのアタリ待ちます。

カキしゃぶしゃぶで温まりながら、ハゼのアタリを待っていると、竿の先につけた鈴がリンリンと鳴ります。

ハゼ釣り

リールをクルクルと巻いてみると、立派なハゼが釣れました。

落ちハゼ

サイズが大きくなったハゼが釣れて満足です。
当然美味しく頂きます。

ハゼてんぷら

夜はてんぷらに決まりです。
サイズが大きくなった分、食べ応えもありふっくらとして、とても美味しかったです。

ハゼのアタリを待ってる間にカキしゃぶしゃぶでワンカップ!じっとハゼのアタリを待つよりは、ぜんぜん温かく美味しく過ごせます。
ハゼ釣りプラスアルファーで楽しく休日を過ごしましょう。

(↑カセットボンベで使えるシングルバーナーです。とっても便利です。)

(↑何かと便利なクッカーです。鍋にも炊飯にも利用しています。)