台風で予定していたハゼ釣りができない・・・ハゼが釣れない・・・

2017年10月20日ハゼ釣り,アウトドア,釣り

今度の日曜日にハゼ釣りに行こうと思っていたのに・・・

台風で大雨の予報です・・・

大雨でも釣りはできるんですよ!

けど・・・釣れません・・・

ハゼは釣れません・・・

 

私がハゼ釣りする場所は、汽水域の川です。

汽水域とは海水が川の水の下の層を流れ、上流から流れてくる川の水は上の層を流れていきます。

わかりやすく言うと海の水、海水の影響を受けている川の下流域です。

時間により海の潮の影響で川の水も増えたり減ったり、海の満潮、干潮とリンクしています。

 

で、大雨だとなぜハゼが釣れないか、ですが・・・

まず、川の流れが速くなります。

ハゼも流されないように必死です。

下手したら流されてしまいます。

餌を食べている場合ではないですよね・・・

 

そして、川の水がかき回されてしまいます・・・

汽水域の川は下層に海の海水、上層に川の水、2つの層があります。

ハゼは底にいる魚ですので、海水の層に住んでいます。

川の上流から大雨で大量の川の水が流れてきますので、

川の水がかき回され、下層の海水が薄められてしまいます。

下手したら下層も上層もありません。濁流です。洗濯機の中です。

塩分濃度が変わるだけでハゼにはダメージ大です。

餌を食べている場合ではないですよね・・・

 

とどめが、水温が下がってしまうことです・・・

この時期の雨の水はとても冷たいです。

ハゼは魚です。水温の影響をもろに受けます。

ハゼは夏から秋に良く釣れるのは、ハゼは暖かい水が好きで、よく動き回るからです。

寒いとハゼの動きが悪くなります。

そりゃー寒いですから、冷たいですから・・・

 

冷たい水が濁流になって流れてくるのです。

ハゼにはたまったもんじゃありません。

餌を食べてる場合じゃないんです・・・

 

ちなみにハゼは一年魚です。一年でその生涯を閉じます。

まれに深場に落ちて、冬を越して2年生きるハゼもいますが、

多くのハゼの一生は一年で終わりです。

海に流された卵は海で孵り、他の魚に食べられないようにしながら、

海から川に上ってきます。

5月ごろには川に上がって来てモリモリ餌を食べます。

9月10月の頃には産卵に向けてさらにモリモリ餌を食べます。

秋口から冬に入る前に産卵して、短い一生を終えます。

 

台風でハゼ釣りができない・・・