【ハゼ釣り 新河岸川】2020年のハゼ釣りはなんだかパッとしません。新河岸川にハゼ釣りに行ってきましたが・・・

ハゼ釣り

ハゼ釣り

ハゼ釣りに行ってきました。が、釣れません。

昨年の台風の影響で川底の様子が変わってしまったのか、2020年の天候がおかしかったのか、まったく釣れません。

私らは毎年同じ時期に同じ場所ではせ釣りをしています。年度ごとの違いはありますが、2020年のハゼ釣りはなんだかおかしいです。

釣り場近くの釣具屋の親父も「今年は釣れてないよ・・・」とのことで釣れてもサイズが小さいです。

で、バスの始発に乗って新河岸川にハゼ釣りに行きました。

朝は5時半に起きて支度して始発のバスに乗ります。

投げ竿4本です。30Lのリュックにはイス2つテーブル1つとリールや釣り道具が入ってます。クーラーボックスの代わりに保冷バックに保冷剤を入れて持って行きます。

9月の中過ぎで小雨がぱらついて半そででは肌寒かったです。

現地に着いたら

現地に着いたらセッティングです。

釣りの準備より先に自分らの準備です。

イスを広げて、テーブルを広げてから釣りの準備です。椅子とテーブルがあるかないかで雰囲気が違ってきます。くつろげるってことが大事です。

自分らの準備が出来たら釣りの用意です。竿にリールを取り付けて竿のガイドにリールから糸を通して仕掛けを作ります。餌を付けて、川に投げ込みます。

もちろん竿の先には鈴を付けてハゼのあたりが来たらリンリン♪となるようにしておきます。

あたりを待ちながら朝食です。

一匹釣れた

コンビニで買った朝食のおにぎりを食べているとリンリン♪と竿式につけた鈴がなりました。

ニコニコしながらリールを巻くと・・・釣れてません・・・。

ま、いい感じだと思いながら、再度川に投げ込みます。

しばらくするとまたリンリン♪となります。しばらく待ってしっかり食わしてからリールを巻くと・・・

ボラさんです・・・。リリースです。写真も撮りません・・・。

ま、鈴の音が聞けたから良いかと良い感じにしときます。

エサの様子の確認のために他の竿のリールを巻いていきます。

で、ウントもスントも言ってない竿にハゼが釣れてました!

そうそうに一匹釣れました。が、最後の一匹です。

これ以降竿先につけた鈴がなることも無く。今回のようにひっそりとエサをくわえて釣れているハゼもなく釣りは終了します。

ま、釣り竿をだして釣りができたから良いとしますか。

釣れたハゼは持ち帰り、冷凍庫に保存です。天ぷらにして食べますよ。