【温泉 キャンプ】ロハスガルテンキャンプ場に行ってきました。かんなの湯に入り放題でなかなか快適でした。手ぶらでキャンプの初心者さんにも何とかおすすめできます。 

2020年4月27日ロハスガルテンキャンプ場,電車で行けるキャンプ場

電車とバスで行ってきました。かんなの湯に併設されているキャンプ場です。手ぶらでキャンプができます。その上天然温泉かんなの湯に入れます。うれしいことにチェックインの日とチェックアウトの日でそれぞれバスタオルとタオルが一組借りれて、お風呂は出入り自由でした。

ロハスガルテンキャンプ場

埼玉県児玉郡神川町小浜 1341にあります。税込み5500円で手ぶらで温泉キャンプができます。(2020.4現在)なかなかのセットで楽しめました。

アクセス

私らは電車とバスで行きました。電車で手ぶらで温泉キャンプです。

JR湘南新宿ライン特別快速で本庄駅に行きます。赤羽駅から1時間10分です。
本庄駅からはバスに乗り神川中学校前で降ります。約20分バスに揺られます。で、そこから20分歩いて目的地のロハスガルテンキャンプ場です。

本庄駅のバス時刻表

1時間に1本です。のんびり待ちます。

駅前のコンビニ

駅前のコンビニで適当に買い物です。

で、バスに揺られて、神川中学校前で降ります。帰りのバス時刻表をチェックです。なかなかの本数です。

バスを降りたらバスの進行方向に歩いて一つ目の信号を右に曲がります。あとは道なりですが、スマホのナビを利用しましょう。

ここを右に曲がります。

橋を渡って

真っすぐです。

真っすぐでも行けますが、私らは左の砂利道を小川の脇を歩いていきました。

ココも真っすぐです。右にも左にも行きません。

真っすぐです。ビニールハウスの方を歩いていきます。

目の前に何やら車が止まってます。緑の屋根が目的地のかんなの湯です。

突き当り左側にかんなの湯の看板、看板左奥の緑屋根がキャンプ手続きができる直売所です。

かんなの湯です。お風呂が楽しみです。

すぐそばにある直売所です。ここでロハスガルテンキャンプ場の手続きとレンタル品を借ります。

バス停からロハスガルテンキャンプ場まで約20分です。草花を見たり小川の小魚やタニシを見たりそこそこ楽しく歩けました。季節柄菜の花があっちこっちに咲いていて奇麗でしたよ。そうそう、つくしを久しぶりに見ることが出来ました。

チェックインです。

かんなの湯の前にある直売所みたいなところでチェックインの手続きをします。店員さんに「キャンプを予約したものです。」と伝えると手続きと説明が聞けます。

マキや炭などや焚火台のレンタルもやっています。野菜なんかも販売してますし、コーヒーを飲めたりします。

レンタル道具一式をリアカーに積んで移動です。ちゃんと案内してくれます。テントの立て方の簡単な説明とテントの立て方や調理の仕方をわかりやすく書いた冊子の見方を教えてくれます。

冊子の通りにすればテントが立てられ、調理もできるようになってます。

ちなみにロハスガルテンキャンプ場の脇の土手を越えると直ぐに無料でキャンプができるかんなの湯裏自由広場になってます。結構にぎわってました。

手ぶらでキャンプができるロハスガルテンキャンプ場はスカスカでゆったりできます。

次はレンタルのテントを立てたり道具を確認してみましょう。