最低気温1℃の冬キャンプで寝る時の防寒対策。シュラフに毛布に服装です。

2017年11月14日便利なキャンプ道具, キャンプ, 山のふるさと村

シュラフ(寝袋)

冬キャンプでの寝る時の防寒対策

最低気温1℃の奥多摩湖 湖畔にある山のふるさと村でキャンプをしてきました。写真はその時のキャンプでお世話になったシュラフ(寝袋)です。最低気温1℃の中で3シーズン用のドームテントの中で使用しました。

ドームテント
コット組み立て後

体験レビューです。

シュラフ(寝袋)は、

amazonで購入した3千円前後の中国製です。
スペックは重さ:1.8kg
最低使用温度:-9℃
快適使用温度:0℃

コットは

同じくamazonで購入したサマーレストコットの中華コピー品のOUTADってメーカー?
よくわかりません。
8千円前後です。

レンタルした毛布

モンベルのフリース生地の毛布でした。

テントは

キャンパーズコレクションの3シーズンのCCドームテント D-3です。
2~3人用で1辺2mです。
これ、インナーテントの4面がメッシュで夏のキャンプだとかなり快適です。
amazonで5千円前後です。
フライシートも付いているので、雨でも安心。
ベンチレーション(空気の循環)しまくりです。
こんな夏仕様のテントで最低気温1℃の中過ごせたのは良い経験になりました。

寝床を作る

スノコの上にグランドシートをひいて、ドームテントを立て、ドームの中でコットを組み立てました。
レンタルした毛布をコットの上にしいて、シュラフを毛布の上にしいて、シュラフの中にもレンタルした毛布を入れました。
以上寝床の完成です。

寝た時の服装ですが、

下は、下着にトレッキングパンツに厚手の靴下。
上は、半そでシャツにネル生地の長そでシャツに、長そで厚手のフリース上着です。

実際中で寝た感想です。

暑くもなく寒くもなく寝る事が出来ました。
腰回りの体重がかかるところは、底冷えが伝わって来たので、シュラフの中に入れた毛布を、手繰り寄せて、腰回りに厚みを付けました。
この、コットとシュラフの組み合わせは身長183cm体重85kgの私が中に毛布を入れても、窮屈さもなくシュラフの中でコツがいりますが、寝返りも打て、中々快適です。

底冷え対策として、

コットの上にマットや毛布を2重にして敷くなどすれば解決できると思います。私らは電車でキャンプなので、小型ストーブ等暖房器具を持って行けません。
服装やレンタル毛布などで、工夫すれば、冬キャンプでも寒い夜でも快適に寝ることが出来ますよ。

毛布の変わりにキャンプマットを使用した記事はコチラです。

(↑テントを立てるときから防寒対策をしています。)

キャンパーズコレクション テント CCドームテント [2~3人用] D-3

(↑今回使用したテントです。)

(↑コンパクトに収納できるコットです)

(↑寝袋です。結構温かく冬キャンプに使用しています。)