【キャンプ ラーメン】ユニフレームのごはんクッカープラスでキャンプでのラーメンに野菜をプラスしてチョッと豪華にする方法。

2019年9月21日便利なキャンプ道具, 料理道具

キャンプでのラーメンは何だか美味しく感じます。カップラーメンもいいですがインスタント袋ラーメンに一手間かけてチョッと豪華なキャンプラーメンにするとさらに美味しく感じます。今回は野菜をプラスしてみました。

キャンプでラーメン(野菜入り)

用意するもの

シングルバーナー

私らは電車でキャンプですのでソトの分離式シングルバーナーを持って行きます。コンパクトになるので持ち運びに便利です。またコンロとボンベが離れているので鍋なんかの長時間火を使う料理でも安心して使えます。

SOTO シングルバーナーST-301

クッカー

私らはユニフレームのごはんクッカープラスを愛用しています。大小の鍋2個と小フライパン1個とフタ1個がセットになってます。

ユニフレーム ライスクッカープラス

ごはんクッカーだけあってご飯が簡単に美味しく炊けます。2人分なら余裕でご飯、汁物、おかずがこのセットだけで作れるのも嬉しいです。また袋ラーメンを割らずに入れらるので、より美味しくラーメンが作れます。

上の写真の中身です。ご飯が食べたい時は↑こんな感じで持って行きます。(写真では小鍋とフライパンを入れるのを忘れました)皿は丁度いいのがあったので別に買いました。

インスタント袋ラーメンとカット野菜

メイン食材です。私らは電車でキャンプですので、食材は駅前のコンビニやスーパーや商店で揃えることが多いです。大抵の店で購入できるインスタント袋ラーメンとカット野菜は電車でキャンプの強い味方です。ゴミもコンパクトになるのでさらに◎です。

作り方です。

小鍋に野菜と水を少し入れてフタをして野菜を蒸します。

油で炒めないで水で蒸すのがポイントです。このためだけに油を用意しなくて良いからです。また茹でると水をその分多く使うことになります。そして2人分のラーメンと一緒に野菜を茹でられるほどクッカーが大きくありません。

道具が限られているので、家で簡単に出来ることがキャンプでは工夫が必要になります。不便を楽しんで少しでも外で快適に過ごす。何だか矛盾しているようですがソレが楽しくて快適だからキャンプに行くんだと思います。

大鍋にラーメン2個を水を入れて茹でます。

袋ラーメンを割らずに茹でることが出来るので良い感じです。

どんぶり代わりに大小の鍋を使うので先に蒸した野菜をお皿に移して、ラーメンを取り分けます。

野菜をのせて野菜入りラーメンの出来上がりです。

野菜入りラーメンを作るだけなのにバーナー・クッカーを使って手順を考えて手間を増やして、何だかヤッテル感がでて楽しいですよ。