【レインカバー】レインカバーはお気に入りのリュックを雨から守るアウトドアの便利グッズです。

2017年10月5日便利な道具,アウトドア

突然ですが、リュック用のレインカバー持ってますか?

レインカバーはお気に入りのリュックを雨から守ってくれます。リュックが雨で濡れると当然中までしみ込んで中の荷物まで雨に濡れることになります。

リュックによっては初めから付いている場合もあります。

リュックの底の外側にチャックが着いていたら、そのチャックを開けるとレインカバーが入っているタイプのリュックもあります。知らずにこのタイプのリュックを買うと分かった時にとっても得した気分になります。ま、買うときにチェックするんですけどね。

色や形や使い勝手をいろいろ調べて、お気に入りのリュックを買ってワクワクルンルンで使用していると思います。外出先で雨に降られたら、傘を差して、リュックを守る様にお腹側にリュックを持ってきたこともあると思います。

お気に入りの大切なリュックですから、大切に使いたい物です。

で、レインカバーの出番です。

雨が降ってきたときにサッとリュックのポケットから取り出し、リュックにかけてあげると、リュックを雨から守り、安心して背負って行けます。

リュック自体に防水スプレーをかけている方もいると思いますが、チャックから雨水が浸み入ってきたり、防水スプレーが落ちてきて、雨が降ってきたときにはほとんど効果がなく雨がリュックの中まで染み込んで荷物が濡れていた、なんてこともあるかもしれません。

私も両手があくリュックは便利で気にって使っている人の一人です。釣りやトレッキングでも便利に使っています。

リュックが雨に濡れると乾かします。でまた雨に濡れまた乾かします。こんなことを何回か繰り返していると、リュックのゴムの部分がいつの間にかへたってきてベロベロになってきます。とても残念な気持ちになります。

新しいリュックを買うときに、レインカバーが付いているか確認します。

気に入ったリュックにレインカバーが付いて居なかった場合は、リュックのサイズに合うレインカバーも一緒に買います。

レインカバーが付いているタイプのリュックと違い、レインカバーが付いていないリュックは、これまた気に入るレインカバーを選び購入します。

滅多に出番がないレインカバーですが、雨が降ってきたときに大活躍です。

レインコートとレインカバーはアウトドアグッズの滅多に使わないけどすんげー助かるグッズのツートップですよ。