【東海ふ頭公園バーベキュー場 焚火バーベキュー】バス停から徒歩2分のバーベキュー場で焚火バーベキューを楽しんできました。殻付きカキやイカを焼いて美味しく頂きました。

東海ふ頭公園バーベキュー場

東海ふ頭公園バーベキュー場

予約不要、利用料無料でバーベキューが出来ます。JR大森駅からバスで約20分、バス停から徒歩2分です。トイレと水道と自販機ぐらいしかありません。ので、ゴミは持ち帰りです。ペグやロープは禁止ですのでヘキサタープは使えません。けど、予約不要で無料でバーベキューが出来る貴重なバーベキュー場です。

↓東海ふ頭公園への行き方や注意事項です。

焚火の準備

東海ふ頭公園 バーベキュー場
焚火バーベキュー

着いたらさっそく焚火の準備です。テーブルを組立して、イスを組立して、もろもろ準備をします。今回ハニーが一人で火起こししました。その辺に落ちている小枝を拾って、新聞紙を丸めてマキを上に乗せ、ライターで着火です。後は様子を見ながらマキを追加するだけです。

いきなりカキを焼きます

殻付きカキを焼く

焚火がいい感じに燃えてきたら殻付きカキを焼き始めます。魚屋で殻付きカキがお手ごろ価格で売っていたので購入しました。カキのフタは魚屋で取ってもらいました。

コレ、焼くの難しいです。カキの殻が炎で熱せられパチパチと飛んできます。危ないです。怖いです。しかも隣同士のカキの殻が飛びあってカキの身の上に乗ります。

焼きカキ

お皿に移して頂きます。一つ口の中に入れると、ジャリとします。けどスンゴク美味しいのです。複雑な心境です。とっても美味しいのですが、ジャリっとするんです。二個目はジャリっとの部分を水で流して食べてみました。ジャリっとはなくなりましたが、冷えていまいちです。勉強と工夫が必要です。

貝も焼きます。

貝焼き

名前を忘れてしまいましたが、刺身でも食べられる大きな貝も焼きました。結論から言いますと、ジャリっとします。コレもです。美味しいけどジャリっと。水で洗うと冷えていまいち。美味しいんですよ。けど・・・。

初物は勉強が必要と分かりました。次回は工夫して美味しくいただきたいと思います。剥き身をアルミホイルで包んで焼いたほうがいいのかもしれません。

手羽なかを焼きます。

手羽中とソーセージです。手羽中がアルミホイルについて上手く焼けません。どうにか焼いて食べる時にアルミホイルを手で取って食べる作戦にします。安定の美味しさです。ソーセージは言うことありません。いつ食べても美味しいです。

イカも焼きました。

イカ焼き

イカ焼きです。ワタは別にホイル焼きです。美味かったです。

イカのワタは崩して、そのイカワタにイカの身を付けて絡めて頂きます。
すんげー美味い!間違いなく今回1番です。イヤー美味いです!たまたま近所のスーパーですばらしいイカが手に入りました。焚火でホイル焼きです。イヤー美味いのなんのって!

ナンドックなるものもアルミホイルに包んで焼いてみます。

ワクワクしながらアルミホイルに巻いて焚火にのせます。頃合を見て焚火から下ろします。

ワクワクしながらアルミホイルを開けると・・・焦げコゲです・・・。失敗しました。

やっぱりうどんです。

寒い日の焚火で食べるうどんは体も温まりとっても美味しいです。

日没で片付けです。

メッシュの焚火台と自作五徳で焚火のシーズン到来って感じです。
ま、今回の焚火バーベキューは初物のカキや貝やナンドックは・・・。イカとうどんでプラスマイナス、プラスです!イカを買っといてよかったー!