【見次公園 クチボソ釣り】湧き水です。釣りも出来ます。手こぎボートにも乗れます。結構のんびり過ごせる公園です。

クチボソ釣り,見次公園

見次公園

無料で釣りが出来ます。もちろん竿から餌から自分で用意しなければなりませんが。一日のんびり過ごせます。自販機もトイレもあります。ちょっと歩けば温泉も大型スパーもあります。

アクセス

都営三田線の志村坂上駅から歩いて5分ってところです。A2出口から真っ直ぐです。

駅の周りでお昼を用意するのも良いですし、公園そばの大型スーパーで買っても良いですし、フードコートもありです。帰りに温泉によってさらにくつろぐのもありです。

クチボソ釣り

見次公園では釣りが出来ます。ヘラブナ釣りやタナゴ釣りをしてる方が多いです。そんな中ウチらはクチボソを釣りに行きました。

仕掛けは手長エビ釣りの仕掛けを流用します。針はエビ針の2号で玉ウキの小、オモリは板オモリで玉ウキの頭が出る程度に調節します。

エサは食パンを水で練ったものです。コレ、小物釣りにはすこぶる有効です。あらかじめ家で練ったものをタッパーに入れて持って行きます。

釣り方です

いたって簡単です。針先に、食パンを練ったものを米粒の半分以下の粒にして付けます。ポイントは針先だけに付ける事です。針が全部隠れる様に付けなくいいですよ。後は適当に糸をたらします。

初めは餌がすぐに溶けるぐらいに付けて、こまめに餌を付けてを繰り返します。ま、餌付けだと思ってください。そんなこんなしてクチボソを寄せます。するとそのうちウキが反応してきます。

クチボソが針にかかるとウキが沈んだりします。その時ヒョイッと竿を立てて合わせます。

クチボソが釣れてます。釣れてない時もあります。口が小さいので餌をつついているだけだったりします。そこが面白いのです。小さい魚の小さい口に小さい餌付きの針を食わせる。難しくて面白いです。クチボソ釣りにはまったらぜひ、タナゴ釣りにはまって下さい。タナゴで検索してソノ口の小ささに驚いて下さい。

ぽつりと釣れる

私らは昼前に到着して釣りを始めています。餌を付けてはチビリとやって、ウキをじっと見ます。でまたチビリとやります。

するとぽつりとクチボソが釣れます。

ハゼも釣れます。手長エビも釣れます。マブナも釣れます。

お昼になってお腹もすいてきたので、大型スーパーに移動してフードコートで食事です。

クチボソに遊んでもらって楽しかったです。大がかりな仕掛けや竿もいらないで楽しめるクチボソ釣り。初心者の方におススメします。のんびり過ごせます。

ちなみに見次公園、月曜日は釣り禁止です。池の保全のためらしいです。

釣りをしなくても、カモを見たり亀を見たり、釣り人を見たりで結構楽しめます。